庭の雑草対策と剪定の重要性~庭の印象を良くするには~

庭が綺麗になれば家は見違えます 庭が綺麗になれば家は見違えます

リフォームのついでに庭の雑草対策や剪定も行なおう!

庭のリフォーム

家を綺麗にリフォームしても、庭がほったらかしでは画竜点睛を欠くというもので、魅力は半減してしまいます。そのため、せっかく家をリフォームしたのであれば、庭も綺麗にリフォームしましょう。ここでは庭の雑草対策や剪定を中心とした庭の整備についてお話します

洋風の庭に最適な雑草対策

防草シート&砂利
雑草を生やさないようにするには、防草シートと砂利の組み合わせが最適です。雑草を綺麗に抜き取り地面を平らにし、防草シートを敷いた上に砂利を敷けば数年は雑草がほとんど生えない環境にすることができます。なお、砂利のみ敷いた場合砂利の重みで地面が沈み、隙間から雑草が生えてしまうので注意しましょう。
石・レンガ・タイル
タイルを敷くことにより地面を日光から完全に遮断できるため、雑草が生えるリスクをほぼなくすことができます。加えて、タイルやレンガのデザインで庭の雰囲気をより良いものに変えることもできます。バリエーションが豊かなので予算内で選びやすいのもメリットの一つです。
ウッドデッキ
ウッドデッキを設置することで雑草が生える土の部分を減らすことができるのがメリットの一つです。それに加えて防草シートを敷くことで光を遮断できるため、この2つを組み合わせることで庭の雑草対策は行ないやすくなります。ウッドデッキは洗濯物や読書、夕涼みなど様々なことにも使用できるので汎用性は高いです。
鋪装
地面の上を舗装することで雑草が生える隙間を完全になくすことができます。鋪装に使われるのは主にコンクリートや防草塗装ですが、家の見た目を温かいものにしたいのであれば無機質なコンクリートよりも防草塗装の方が色のバリエーションを選びやすいのでおすすめです。
低木類の植栽
日光を遮る手段として、低木を植えて日光を遮断するという手段があります。これは緑を増やすこともできるので、家の見た目を温かみのあるものにすることができます。しかし、定期的な剪定をしなければ見た目が悪くなるので注意しましょう。

塩を使った庭の雑草対策はNG!

庭の雑草対策に塩水を使うという手段がありますが、これは非常に危険です。たしかに雑草を枯らす力はありますが、雑草ではない草木や花も枯らしてしまう上に、塩分は土中でも分解されないので半永久的に周囲に植物が生えない状態になってしまいます。よって、塩を使った除草はなるべく避けましょう。レンガやタイルなどを敷き詰めた方が自然に優しいです。

庭木の剪定には様々なメリットがある

庭の見た目を良くするには、雑草対策だけではなく庭木の剪定も重要です。庭木の剪定を行なうことで、樹木の見た目が良くなるだけではなく、余計な枝葉がなくなることで風通しが良くなります。そのため、害虫の繁殖を抑えることができます。また、栄養が枝は全体に行き渡りやすくなり、樹木がよりスクスクと育ちやすくなるのも剪定のメリットです。

庭のお手入れは専門業者に任せれば安心です

剪定

庭木の剪定に庭の雑草取り、これら2つは庭の規模が大きければ大きいほど重労働になり、完璧にこなそうとすると専門の技術が必要になることもあります。そのため、素人が行なうよりもプロの業者に任せた方が庭のリフォームは成功しやすくなります。また、プロの手にかかればどちらも効率よく、そして綺麗な仕上がりになります。

TOPボタン