庭の雑草対策及び剪定の注意点~アレルギーの問題~

庭が綺麗になれば家は見違えます 庭が綺麗になれば家は見違えます

草取りでアレルギーのような症状が出る原因とは?

庭の雑草を放置することで、深刻な事態に発展することもあります。それが、アレルギーです。雑草によって発症するアレルギーは、雑草を放置すればするほど悪化してしまいます。よって、庭の雑草対策はアレルギー予防のためにも絶対に行ないましょう。

アレルギーの症状は雑草のせい?

雑草から発される粒子を吸い込むことにより、人はアレルギーを発症することがあります。ですので、目のかゆみやくしゃみ、体のかゆみなど様々な症状を引き起こしてしまいます。特に雑草の中でもブタクサは危険であり、放置することで花粉症の原因になってしまいます。花粉症といえばスギ花粉を連想するかもしれませんが雑草が原因でも花粉症になるのです。

アレルギーを引き起こすイネ科の植物

  • 小麦
  • アシ
  • オオアワガエリ
  • オオスズメノテッポウ
  • スズメノヒエ

アレルギーを引き起こすキク科の植物

  • ヨモギ
  • セイタカアワダチソウ
  • ブタクサ
  • たんぽぽ
  • ハルジオン

この時期の草取りは要注意!

庭の雑草対策として草取りをする場合、春の終わりごろから10月までの間には草取りをしないようにしてください。なぜかというと、この時期になると花粉が飛びやすく、花粉症の症状に似たアレルギーを発症しやすくなってしまいます。また、すでに発症している場合は症状が悪化してしまいます。夏場は熱中症になるリスクもあり、大変危険です。そのため、行なう場合は冬まで待ち、行なった方が懸命です。

自分で除草するのが難しいなら代わりにやってもらおう!

男性

なるべく早めに庭の雑草対策を行ないたいのであれば、業者に依頼した方が良いです。自分で行なうとアレルギーを発症する可能性がありますが、お任せすることで発症のリスクをなくすことができます。しかも、夏場でも行なってくれるので急いで庭を綺麗にしたい時に非常に頼りになります。業者によっては庭木の剪定を頼むこともできます。

TOPボタン